猫の疥癬と皮膚糸状菌症

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


春先から梅雨にかけては野良の子猫が保護されることが多くなります。

今回は、保護された子猫が、疥癬と皮膚糸状菌症で重度の皮膚病とそれによる痒みを呈しており、当院で治療しました。


Before


After


疥癬や皮膚糸状菌は、接触や衣類に付着したフケでも、人に感染しますので、早期に診断し、治療し、正しく感染対策する必要がありますが、十分に治療可能です。


特にペットがいるご家庭では、野良猫を保護しても、ご家族を含め、感染症予防のため接触を可能な限り避けて、隔離する必要があります。

上記の観点から野良猫を保護する場合は、すぐに動物病院へ受診されることをおすすめします。


以上です。

65回の閲覧

最新記事

すべて表示