ウサギの中足趾節関節脱臼

こんにちは。

ハーブ動物病院です。

今回はウサギの中足趾節関節の脱臼について紹介します。


症例:ネザーランド・ドワーフ、1歳3ヶ月齢

主訴:歩き方がおかしい


X線検査:右後肢第2指の中足趾節関節で脱臼、股関節は異常認めず

小さな動物なので、治療方針も限られます。


治療:ギプス固定

指の間をガーゼで固定した後、ギプスを巻き、再脱臼しないように隙間を埋めます。


X線検査(外固定後):整復できていることを確認

x線検査(2週間後):経過も特に問題はなく、再脱臼も認めず


元気・食欲も変わらず、本人もあまりギプスを気にしていない様子でした。

その後1ヶ月ほど様子を見て再脱臼が起きていないことを確認して、ギプスを外しました。

現在は、特に再脱臼も見られず、元気に過ごしているようで一安心です。


以上です。

104回の閲覧

最新記事

すべて表示