診療について

​日常よく見られる病気から(嘔吐・下痢、皮膚病など)

高齢に起こりやすい重い病気まで、(腫瘍、心臓病、腎臓病など)

"広く深く"、根拠に基づいた診療を目指します

どんなに些細なことでもご相談下さい

当院設備で不十分な症例は大学病院へご紹介します

統計上、犬で最も多い疾患が皮膚病です

適切に診断し、治療すれば多くは改善します

お気軽にご相談下さい

統計上、がんによる死因は犬で1位、猫で2位です

ペットの高齢化に伴う腫瘍性疾患が増えています

当院は、”動物のためのがん治療”に力を入れています

IM-0001-0001 (1).jpg

ペットの高齢化に伴う

”犬の弁膜症”、”猫の心筋症”が増えています

心臓病は、末期でないと症状が出にくいため、

​必要に応じて治療し、”心不全”を起こさないことが大切です

埼玉県川口市のハーブ動物病院 犬 子育て.jpeg

交配から分娩まで様々な問題が起こり得ます

​当院では、元気な赤ちゃんが生まれるよう

可能な限りサポートさせて頂きます

  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院