産科

産科において、交配から分娩まで様々な問題が起こり得ます

当院では、元気な赤ちゃんが生まれるよう可能な限りサポートさせて頂きます

交配適宜の診断

小型犬の発情周期とは

多くの場合、半年に一度のタイミング、6ヶ月周期で発情します

発情周期は、発情前期、発情期(排卵期)、発情後期(妊娠期)、無発情期に分けられます

通常、発情前期(発情前の出血が見られる期間)が7-13日続き、発情期に入って2-3日目に排卵され、排卵後2-3日で卵子が受精能を獲得し、そこから2日以内が交配適宜です

当院での交配適宜の診断は、膣スメア検査、視診、触診、♂に対する許容性を評価して行います

妊娠鑑定と出産前の評価

犬の妊娠期間は63日前後です

交配後3-4週間以降にエコー検査を行い、胎のうの有無を調べて妊娠鑑定をします

交配後55日前後にX線検査を行い、胎児の匹数、胎向、骨盤腔の大きさなどを評価します

出産について

出産前の徴候について

出産が近づくと、母犬は様々な徴候を示します

  • 出産数日前から 巣作り行動、落ち着きがなくなる

  • 出産直前の12-24時間前から 食欲低下

  • 出産直前の12-24時間前から 直腸温の低下

小型犬の場合、特に36℃台になると数時間以内に出産が始まります

  • 出産直前 透明から濃緑色の分泌物

産道内で尿膜が破れると透明の液体が陰部から出てきます

特に濃緑色の分泌物は胎盤剥離の状態のため注意が必要です

​出産について

出産は全部で通常6-12時間以内続きます

出産の間隔は通常20分-120分程度です

胎児が娩出後は胎盤が出てきます

出生後の対応について

  • 胎児は胎膜に包まれており、呼吸ができるよう剥がした後、よく鳴かせることが重要です

  • 臍帯は胎児側から1㎝程度離して結紮・離断します

  • ​胎盤は母犬が食べる場合がありますが、下痢の原因になりうるため廃棄します

  • 出生後6時間以内に初乳を飲まし、免疫(移行抗体)を獲得させます

  • ​母犬が興奮状態にある場合は、誤って子犬を傷つけないよう注意が必要です

出産前の準備

  • ​妊娠55日前後でのx線検査 - 産道が十分か確認します

  • かかりつけの獣医師との連絡 - 夜間の救急対応も想定

  • 母犬が安心して分娩できるような清潔なお産箱

  • 予定日数日前から体温測定

  • ​タオル、ハサミ、糸、保温箱など

難産に対する帝王切開

​​下記のような難産の場合は、緊急で帝王切開を行う必要があります

  • 第一破水後、もしくは緑色の分泌液があるが、胎児が産まれない

  • 陣痛の徴候はあるが、胎児が産まれない

  • 2時間以上間隔が空いて、胎児が産まれない

  • 一度低下した体温が平温に戻り、お産の徴候が見られない …など

当院では、低侵襲かつ迅速に、複数回のお産にも対応できるよう丁寧な帝王切開を心掛けています

  • 迅速に胎児を取り出し、スリーピングベビー予防する

  • 切開線は可能な限り小さくする

  • 生理食塩水による腹腔内洗浄を丁寧に行い、術後の癒着を減らす

  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院