猛禽類のバンブルフット(趾瘤症)

最終更新: 6日前


こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は猛禽類のバンブルフットについて紹介します。

バンブルフットとは足底の部分にタコ(肉芽腫)ができた状態を指します。


次のような原因があげられます。

・体重過多

・止まり木が脚に合っていない

・片足で止まる癖がある

つまり脚に過度の負担がかかると発症してしまいます。


常に負荷がかかる箇所のため、タコができてしまった箇所から細菌感染を引き起こし、

一度発症するとなかなか治りにくいのが特徴です。

今回の症例では足底部に膿が溜まり、疝痛があるため

内科治療では完治が難しいことから麻酔下にて切開、排膿、洗浄、消毒を行いました。

潰瘍部分を切除すると、白い膿が出てきました。

しっかりと排膿し、繰り返し洗浄を行います。

切開した部分を縫合し、テーピングをして終了です。

抗生剤を服用し、経過観察とします。


この病気は繰り返す可能性があるため、体重管理、生活環境をきちんとコントロールすることも大切です。

今回は猛禽類でしたが、インコや文鳥でも引き起こす可能性があります。

小さいタコであればダイエットや止まり木の保護で症状が改善することが多いため、ご相談下さい。


埼玉県川口市のハーブ動物病院より

37回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院