top of page

マイクロブタの免疫介在性血小板減少症

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は、マイクロブタの免疫介在性血小板減少症について紹介します。


免疫介在性血小板減少症(IMTP)とは

免疫系が止血に働く血小板を破壊してしまう病気です。

血小板は25000個/μLを下回るほどに減少すると、全身で自然出血が起こり、重要な臓器の中で出血が重度になると機能不全により亡くなるリスクがあります。

原因不明の場合が多いですが、ワクチンや薬剤、その他感染症や腫瘍が原因となって続発する場合もあります。

治療は、主にステロイドや免疫抑制剤、脾臓摘出、輸血などがあり、必要に応じて併用し、薬の用量を調整しながら3−6ヶ月間以上の継続治療を行うことになります。


ここで症例を紹介します。

マイクロブタ、3ヶ月齢、4kg

主訴:全身の皮膚に紫斑がある


一般身体検査を行い、特に大きな外傷もなく、皮下の自然出血が疑われるため、血液検査を行いました。


血液検査:重度の血小板減少(16000個/μL)、単球増加(1200個/μL)、グロブリン軽度増加(4.8g/dL)


診断:免疫介在性血小板減少症


治療:プレドニン(1mg/kg/sid)、モフェチル(15mg/kg/bid)、胃粘膜保護剤、制吐剤、肝庇護剤、外傷による出血予防のため隔離と安静


治療は特に大きな問題もなく1週間後の再診時には改善しておりました。


血液検査(治療1wk後):血小板(323000個/dL)、軽度の貧血


今後は薬剤強度を漸減しながら経過チェックを行う予定ですが、おそらく犬と同様の病態かと思われます。

以上です。

閲覧数:135回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page