犬の会陰ヘルニア(両側)

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は、犬の会陰ヘルニアについて紹介します。


※術中写真が掲載しています。苦手な方はご注意下さい。


会陰ヘルニアとは

多くの場合は、雄性ホルモンの影響により、会陰部(肛門周囲)の筋肉が萎縮し、筋肉間に隙間ができ、腹腔内の臓器がその隙間に脱出する(ヘルニア)疾患です。


肛門周囲の痛みのない腫れに気づくことが多いですが、症状として、直腸が脱出すれば、便秘が起こり、膀胱や前立腺が脱出すれば、尿道閉塞が起こるため、時には命にも関わる怖い病気です。


治療には内科療法、外科治療があります。

対症療法:便秘に対する緩下剤や摘便など

外科治療:脱出した臓器の整復とヘルニア孔閉鎖


ヘルニア孔閉鎖の術式には様々な方法があります。

代表例)チタンメッシュ法、総鞘膜フラップ法、内閉鎖筋フラップ法、プロリーンメッシュ法など

上記のヘルニア孔閉鎖とともに、去勢手術と開腹下で結腸固定、精管固定などを組み合わせることで再発率を低下させます。

もともと会陰部の筋肉は著しく萎縮しているため、術後の再発もあり得ます。

病態が進行すると、さらに会陰部の筋肉は萎縮し、手術の難易度が上がり、合併症率や再発率も増加するので、可能な限り早期に手術することが重要です。



ここで症例について紹介します。

症例:Mix犬、3.4㎏、15歳、未去勢オス

主訴:他院で会陰ヘルニアの診断後、無治療であったが、最近になって食欲低下と排便障害

既往歴:慢性腎不全 ステージ2


触診:両側にヘルニア孔があり、左側は特に大きく、腸管や膀胱が脱出していた


高齢で、基礎疾患もありますが、生活する上で苦痛を伴っていることから、手術での治療を提案し、ご相談の上実施しました。


治療:総鞘膜フラップチタンメッシュ(TiFプレート)による会陰ヘルニア整復、去勢手術、結腸・精管固定


手順は下記の通り行いました。

1.去勢手術

2.開腹下で結腸と精管固定を行った後、総鞘膜を鼠径部から骨盤腔を経由して会陰部に移動。

3.ヘルニア部位へアプローチし、ヘルニア孔を確認します。用意した総鞘膜を切り開き、ヘルニア孔を塞ぐように周囲の筋組織、仙結節靭帯に縫合。両側で行いました。

4.左側のヘルニア孔へは膀胱なども脱出するほど大きかったので、総鞘膜フラップ部位にチタンメッシュを縫合固定した後、閉創。

手術は長く掛かりましたが、血圧など麻酔モニターは安定しておりました。

術後から排尿と排便が見られ、翌日には元気も出てきました。

術創の炎症反応が1週間ほど見られましたが、大きな合併症はみられませんでした。

今後は苦痛からも解放され、今まで以上に元気に過ごせると思います。


去勢手術が予防医療として重要だと改めて認識する症例でした。


以上です。

90回の閲覧

最新記事

すべて表示