犬のチェリーアイ

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は、犬のチェリーアイを紹介します。


チェリーアイとは

犬や猫には瞬膜(第三眼瞼)が目の内側に存在します。

瞬膜は角膜の保護、内側にある瞬膜腺は涙を分泌する働きがあり、涙の分泌量は全体の約30%を占めていると言われています。

チェリーアイとは、瞬膜線が外側へ反転して脱出してしまった状態で、異物感を呈するため治療する必要があります。

治療は手術により整復します。

手術法としてアンカー法やポケット法、またはこれらの併用を行います。

術後の再発も稀にあります。


ここで、症例を紹介します。

症例:ミニチュアダックスフント、1歳、メス、4.4kg

主訴:左眼のチェリーアイ

特に炎症が原因となるような徴候も認められないため、手術による治療を行いました。


治療:ポケット+アンカー法

Before


After


術後の経過もよく、つぶらな可愛い瞳に戻りました。

今後は反対側にも起こる可能性はありますが、おそらく再発なく、過ごせると思います。


以上です。

38回の閲覧

最新記事

すべて表示