ウサギの潜在精巣


こんにちは、ハーブ動物病院です。

今回はウサギの潜在精巣についてご紹介します。


潜在精巣とは‥本来は 若齢時期に陰嚢内に下降し、目視や触診で精巣を確認することができますがホルモン分泌異常に伴い、鼠径部周辺の皮下や腹腔内に精巣が停滞してしまう状態です。


要するに精巣が本来ある位置にない状態です。


潜在精巣自体は命に関わる病気ではありませんが、腫瘍化のリスクも考え去勢手術と一緒に摘出を行うことが多いです。


症例:ミニレッキス、1歳、オス、元気食欲問題なし

主訴:片方の精巣がみえない


エコー検査:腹腔内に精巣を確認

血液検査:異常なし


飼い主様と相談し、手術を行いました。

写真左側の精巣は通常通りの去勢手術を行いました。

術前に再度エコー検査を行い、精巣の真下を切開し、極力傷を小さくします。

腹腔内の精巣は萎縮していることが多いです。

大きく見えているのは脂肪で、その下に精巣が隠れています。

術後の経過は問題なく、翌日退院となりました。

2週間後の抜糸も問題なく治療終了です。


犬ではたびたび潜在精巣に遭遇しますが、今回はうさぎの症例についてご紹介しました。

当院ではウサギの避妊手術・去勢手術も行なっておりますので、ご相談下さい。


以上です。






閲覧数:29回

最新記事

すべて表示