犬のマイボーム腺腫

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は眼瞼に発生する良性腫瘍、マイボーム腺腫について紹介します。

術中写真があります。苦手な方は注意して下さい。


マイボーム腺腫とは

眼瞼の皮脂腺であるマイボーム腺から発生する良性腫瘍で、徐々に腫大し、角膜にあたって角膜潰瘍を起こすこともあるため、増大傾向があれば早期に外科切除する必要があります。

当院でもよく対応する疾患で、通常は楔形に切除する一般的な方法で、術後から徐々に見た目もほとんど変わらない程度に治癒しますが、大きくなってしまうと眼瞼の再建手術が必要になります。

皮弁による眼瞼欠損部の再建


手術前:切除範囲が上眼瞼の1/3を超える大きい腫瘤


手術直後:腫瘤を外科切除した後、皮弁による眼瞼の再建を行った

病理組織検査:マイボーム腺腫(完全切除)


術後1ヶ月



マイボーム腺腫は早期の外科切除が基本です。

増大するようであれば、早めに対応することが望ましいです。

以上です。

閲覧数:113回

最新記事

すべて表示