歯石除去キャンペーン

こんにちは。

ハーブ動物病院開院記念として、歯石除去キャンペーンを行っております。


歯石除去についてご説明します。


歯石とは

長期間溜まったままの歯垢が、唾液に含まれるカルシウムによって石灰化して形成されたものです。

歯石が形成されると、さらに歯垢が溜まりやすくなり、歯垢で細菌が増殖し、歯周組織に炎症をもたらす原因となります。


報告では、2歳までに80%の犬、70%の猫が歯周病になると言われており、重度の歯周病は、食べる時も痛く、根尖膿瘍に達すれば深部の組織が破壊され、鼻血や顔の頬に穴が開いたり(下記参照)と、生活に悪影響を及ぼします。


適切な歯周ケアはとても大切で、「歯石除去により寿命は延びる」とまで大規模研究によって報告されています。


一度形成された歯石は、自宅の歯磨き程度では、除去することは難しく、全身麻酔下での歯石除去、歯周ケアが必要となります。


歯石除去後は、自宅での定期的な歯周ケアが大切です。

歯周ケア

歯磨き、歯磨きガム、療養食など

歯石は犬で3日間、猫で7日間で形成されます。

※無麻酔歯石除去は、歯の裏側や歯周ポケットまで処置できず、歯周病は進行します。

例えば、下記の症例です。

歯石が付着していないように見えても、目に見えない深い部分で歯垢がたまり、歯石が形成され、根尖膿瘍を起こしている場合があります。(2枚の写真は、同一症例です。)

上記のような症例を見ることはそれほど珍しくありません。

全身麻酔下で歯石除去を行い、根尖膿瘍を起こしている歯を丁寧に抜歯し、患部をきれいに洗浄することによってしっかり治療することができます。

当院では、歯石除去にも力を入れており、機器として質の高い「エアーベッツDC52」を導入しております。


2020年1月31日まで歯石除去キャンペーンを行っております。(通常料金の10%off!

お気軽にお問い合わせ下さい。


通常料金(目安)

猫・小型犬 抜歯を伴わない軽度から中等度の歯石除去 税別20000円から(麻酔代込み)

中型犬 抜歯を伴わない軽度から中等度の歯石除去 税別27000円から(麻酔代込み)

大型犬 抜歯を伴わない軽度から中等度の歯石除去 税別40000円から (麻酔代込み)



埼玉県川口市のハーブ動物病院

159回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院