愛犬がチェリーアイに

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


当院の看板犬で僕の愛犬まつり(ミニチュアシュナウザー、♀、4才) が突如チェリーアイを発症してしまいました。


チェリーアイとは

目頭にある瞬膜(第三眼瞼:下図)の瞬膜腺が何らかの原因で突出した状態をいいます。

もともと眼球を物理的に保護する他、全涙液の30%程度を担っているため、可能な限り、温存する治療を行います。

早期の場合、内科的に対症療法を行い、改善がなければ、外科的に整復(ポケット法+アンカー法)する必要があります。


まつりをすぐさま検査しました。


眼の一般検査:視覚異常認めず、瞬膜線突出と結膜充血

眼脂の細胞診:炎症細胞と細菌を認めた

眼圧検査:基準値範囲内

フルオレセイン試験:陰性

シルマー試験:基準値範囲内

治療:生食による眼の洗浄と消毒(ヨード系)の点眼、ステロイド点眼の内科治療を先行し、改善がなければ外科的整復


治療後(24時間後):無事に改善

まつりの一番の魅力であるお目々がきれいに元に戻りました。

一安心です。

まだ、粘性の眼脂があるため、念のため1週間は治療を継続します。


今回は何かしらの原因で眼球に感染と炎症が起き、瞬膜にあるリンパ節が腫大したことでチェリーアイ(瞬膜腺の突出)が発症したと思われ、このような場合は、内科療法で良くなる場合が少なからずあります。


以上です。

70回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院