当院のホテル設備のご紹介


こんにちは、獣医師の竹田ともみです。


先日は多くの方に内覧会にお越し頂き、嬉しい限りです。

内覧会にお越し頂いた方には当院のホテル設備を直接見て頂いたのですが、来られなかった方や年末年始にホテルを利用したい方のために当院のホテル設備をご紹介したいと思います。


ホテルのお部屋は2階にあります。

病気で入院している子たちは一階でお預かりしますが、ホテルでお預かりする子たちは基本的に2階で過ごしてもらいます。


もちろん、ホテルも犬部屋、猫部屋、小動物部屋と空間が分かれています。


まずは犬部屋とドックランの様子です。

冷暖房はもちろん、左右にパドックを設置しています。

パドックとは少し広めのお部屋のことです。超大型犬や多頭で入れるように作りました。

どうしても、お部屋で過ごす時間が多くなるため、できるだけ快適に過ごせるように設置しました。また、1日1~2回は運動と気分転換を兼ねて、当院の駐車場奥にあるドックランで遊ぶ時間を設けます。スタッフの目の行き届く範囲で、自由に遊んでもらい、その際に健康状態の確認も行います。愛犬まつりもドックランでお散歩中です。


次は猫部屋です。こちらも冷暖房完備です。

猫ちゃんはドックランで遊ぶのは難しいため、室内に窓を設置しました。窓は東側にあります。外を眺めながら、ゆっくり過ごしてもらいます。


そして、小動物です。

鳥やハムスターは寒さにストレスを感じるため、ガラスケージを準備しました。

この中で、温度が設定できるためお預かり中の様子に合わせて温度を調節します。

うさぎや大きめのケージでのお泊まりの子は猫部屋の対面にあるフリースペースに猫ちゃんに見えないようにケージを置きます。オイルヒーターの準備もあるため、部分的に暖かくすることもできます。


動物の種類や健康状態によって、適切な環境が異なるため、お預かりした動物たちが少しでも安心して過ごせるように心がけます。

ホテル中に万が一体調を崩し場合はご家族に連絡後、治療をさせて頂く場合があります。


年末年始のホテルのご予約を承り中です。

料金等、わからないことがあればお気軽にご相談下さい。


埼玉県川口市のハーブ動物病院より

0回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院