内視鏡による胃内異物の摘出

こんにちは。

ハーブ動物病院です。


今回は内視鏡による胃内異物を摘出しました。


症例:ドーベルマン、体重28kg、1歳、♀

主訴:小型犬のおもちゃ(ぬいぐるみ)の誤食、他院で催吐処置を行うも嘔吐しない


大型犬による誤食なので、内視鏡により摘出できる大きさか分かりませんでしたが、摘出できなければ開腹下で胃切開による摘出も視野に、まず内視鏡検査に進みました。


治療:麻酔下で内視鏡による胃内異物の摘出

内視鏡検査では胃内にぬいぐるみが見つかりました。

摘出を試みるも、バスケット鉗子に引っ掛けることも難しく、また、噴門部(胃の入り口)で引っ掛かり、なかなか通過できません。

1時間以上の試行錯誤の末、何とか食道まで運ぶも、食道の入り口で引っ掛かってしまいました。

最後は30cmほどの長い鉗子で直接異物を把持して、摘出することができました。

ぬいぐるみ以外にも布などが見つかり、共に摘出しました。


内視鏡は、開腹手術に比べ、低侵襲に異物を取り出せます。

今回は異物がとても大きく、相当苦労しましたが、この症例はショードッグとして活躍しており、傷を残すことなく摘出でき、良かったと思います。


今後は再発防止を徹底してもらい、ドッグショーで良い成績が残せるよう期待したいと思います。

以上、大型犬の内視鏡による異物摘出でした。

88回の閲覧

最新記事

すべて表示