フィラリア予防に注射薬もあります!


こんにちは、獣医師の竹田ともみです。

今年は新型コロナの影響で、おうちにいる時間が増えていますね。

しかし、たまには人と愛犬の気分転換に近場のお散歩も健康のためには必要であると考えています。外は密集性が低いですが、それでも人が多い場所はなるべく避け、手洗い・うがいはこまめに行いましょう。


今年は暖冬で、蚊を3月頃からチラホラ見かけました。そのためフィラリア予防が必要です。当院では4月から12月にかけて予防することを推奨しております。


一番スタンダードな方法は「ネクスガードスペクトラ」フィラリア・ノミダニ・消化管内寄生虫を退治するおやつタイプの予防薬です。1つで最も多くの病気を予防できます。

しかし、1ヶ月に1回の投与を忘れてしまう、今年のような暖冬を懸念し、1年を通してフィラリアの予防をしたい、そんな飼い主様にオススメなのが、「プロハート」注射タイプのフィラリア予防薬です。特徴は1回の注射で1年間有効であることです。注射液内の粒子が大きく、時間をかけて体内で溶けることで有効性を維持します。

しかし、プロハートはノミダニを防ぐことができません。そのため「ブラベクト」のセットがオススメです。ノミダニ専用のお肉タイプの予防薬で3ヶ月の有効性があります。

プロハートでフィラリアを、ブラベクトでノミダニの予防が投与回数を一番減らす方法です。この他にも予防法は様々あります。愛犬に合わせてご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

実家の幸助も外に出るのは夕方のお散歩10分程度でお家で待機しています。早くこの状況が落ち着くことを祈ります。


埼玉県川口市のハーブ動物病院より

48回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院