皮膚科

統計上、犬で最も多い疾患が皮膚病です

適切に診断し、治療すれば多くは改善します

お気軽にご相談下さい

『アレルギー性皮膚炎』とは

アレルゲン(環境または食物)により、痒い湿疹を繰り返す皮膚病です

以下の点で特徴があります

皮膚バリア機能の低下

アレルゲンが存在(ハウスダスト、花粉、カビまたは食物など)

多くは3歳未満で発症(特に食物アレルギーは1歳未満で発症)

病変部位(犬:外耳、四肢端、腹部など / 猫:頭頸部や全身皮疹)

『どうやって治療するの?』

Step1 診察

アレルギー性皮膚炎の特徴と照らし合わせます

Step2 皮膚の感染の除外

膿皮症やマラセチア性皮膚炎、ニキビダニ症など除外します

細菌感染が疑われる場合、耐性菌の出現を最小限に止める消毒で治療します

Step3 アレルギーの診断

1歳未満で発症、痒みに季節性がない場合、食物アレルギーが疑われます

除去食試験(処方食のみで2ヶ月ほど食事)を行い、痒みの反応を評価します

​必要に応じて食物アレルゲン検査(リンパ球反応検査)を行います

食物アレルギーが否定された場合、アトピー性皮膚炎が疑われます

通常、アトピー性皮膚炎では、痒みに季節性があります

必要に応じて環境アレルゲン検査(アレルゲン特異的IgE検査)を行います

 Step4 治療

スキンケア(定期的なシャンプー療法と保湿)

アレルギーを抑える薬(外用もしくは内服)

アレルゲンの除去(生活環境や食事の見直し)

減感作療法(ハウスダストが原因の場合)

  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
square-default.png

埼玉県川口市のハーブ動物病院